女性向けの婚活アプリを活用している30代女性のイメージ

婚活アプリ・サイト

30代女性におすすめの婚活マッチングアプリ

「30代向けのマッチングアプリってあるのかな?」
「そそそも婚活に向いているのかな?」
なかなか出会えない、、、どうやって結婚を叶えればいいの?」
など、30代を過ぎてからの婚活時に悩んでしまうことってありますよね。

管理人ハナも30代での婚活経験者なので、ふと不安に思う気持ちとってもわかります!

今回は婚活サイト・サイトごとの向き不向きなど、自らの婚活を通して結婚できた経験から、「30代女性におすすめの婚活マッチングアプリ」を紹介していきます。

このページを読めば、30代からの結婚の可能性を上げられるようになります。

30代の女性向けの婚活マッチングアプリTOP5

まずは結論から!

管理人ハナが各婚活マッチングアプリのデータを比較したうえでのランキングトップ5です。

ゼクシイ縁結び

1位は大手リクルートのゼクシィから生まれた婚活サービスである「ゼクシィ縁結び」。

会員数150万人以上かつ料金は男女ともに有料なので婚活に本気の人だけが集まっています。男女比率は5:5というバランス。またアプリ利用者の年齢層が30代が最多の60%となっていて理想的でした。

アプリの特徴としては、まず2つのマッチング方法があること。

  • 希望の条件で検索・・・日々の検索や活動履歴から、アプリがあなたの好みを学習してくれるので、使うほどぴったりな人を紹介してくれる
  • 価値観マッチ・・・無料の価値観診断を受けると、毎日4人あなたにぴったりのお相手を紹介してくれる

その次の特長として、ネット婚活サービス初の「デート調整代行」があること。お見合いコンシェルジュがデートの日程や待ち合わせ場所をセッティングしてくれます。

はじめてのデートって、場所選びや日程調整って意外と手間が掛かって大変です。また、調整時にはお相手に個人の連絡先を伝えなくてもセッティングが完結するので、プライバシーにも配慮されている点がポイントです。

ユーブライド

2位は上場企業である株式会社IBJが提供する30代以上向けの婚活マッチングアプリである「ユーブライド」。サンマリエやルヴァイ、後述のブライダルネットもグループで展開する婚活市場に特化した企業なので信頼度が高いです。

会員数250万人以上かつ男女ともにやりとりの機能は有料なので婚活に本気の層との出会いが期待できます。男女比率は7:3(男性:女性)というバランスだから女性は多くの男性から自身にあった相手をみつけやすい。なお、30代以上に特化しているので、20代などに取られる、、という心配も不要です。アプリ利用者の年齢層は30〜40代が中心となっています。

会員数はゼクシイ縁結びと比較しても多いんですが、30代以上に特化していることで、20代も結婚相手に含めている方にとっては逆にデメリットにもなってしまうケースもあります。

ブライダルネット

3位は、実はユーブライドと同じ株式会社IBJが提供する、真剣な出会いが見つかる婚活アプリNo.1を獲得した「ブライダルネット」。ターゲットユーザー切り分けているため、ユーブライドと似ているようで異なるような婚活真剣度が高い出会いが期待できます。

男女比率はほぼ5:5で若干女性が多めというバランス。お相手とコミュニケーションする機能が男女ともに有料なので出会いに真剣な層が集まっています。会員数は31万人以上と一見ほかのサービスと比べると1桁少ないのですが、会員のうち85%が1年以内の結婚を希望しているデータも取れているので、出会い自体が濃く結婚の確率は高くなると言えます。

マッチ・ドットコム

4位はマッチングアプリで有名な『Pairs』や世界的マッチングアプリを数多く提供するNASDAQ上場会社であるMatch Groupの婚活向けアプリ「マッチ・ドットコム」。

会員数は200万人以上、男女ともに有料である点は上位3つと同じ。男女比率は7:3(男性:女性)のバランスなので女性としては多くの男性候補が揃っています。年齢層は30代後半〜が多めの印象。真剣度は高いですが、「婚活限定」というわけではないので、恋愛目的のお相手もいるので、プロフィールを婚活向けに設定したり相手のプロフィールチェックをしてフィルターをかけていきたいですね。

国際的なグループのアプリということもあってか、他のアプリに比べて外国人が多く国際色豊かな印象です。

Omiai

5位はこの中でも圧倒的会員数を誇る「Omiai」です。

会員数は800万人を超えています!サイトからは彼氏彼女を見つけるサービスというイメージですが、サービス名からもわかるとおり、会員のほとんどが結婚を意識した出会いを求めている層となっています。会員数の多さはそれだけ出会いのチャンスがあるということにつながります。

5つのアプリの中で唯一「男性が有料、女性無料」で利用できるものです。恋愛から結婚を考える人たち向けとも言えるため、20代の利用もありますが、全体的な会員数が多いので30代の会員数もつられて多くなっているので、質の高い出会いのチャンスを広げるために登録しておきたいですね。

30代ではじめる女性向きの婚活アプリの選び方

30代の女性の婚活は通常、キャリアとプライベートの2軸においてピーク時期といえます。仕事と家庭を両立しなければいけないので、普通のデート・恋愛から始めるようなカジュアルな出会い系アプリよりも、婚活に対して真剣な人たちが集まる本格的な婚活マッチングアプリが必要です。

以下に大きく3つのポイントを並べたので、ぜひアプリ選びの参考にして無駄な出会いを減らしましょう!

ポイント

  • 婚活の目的に合ったアプリであること
  • なるべく会員数が多いアプリ・サイトを使う
  • 30代ユーザーが多いこと

結婚が目的のアプリかどうか

「婚活アプリ」というカテゴリは、通常はカジュアルなデートだけでなく、結婚を前提とした恋人探しやネットでのお見合いマッチングに使用されます。このため、アプリがただの恋人探し、遊びやデート相手探し向け設計されたマッチングアプリは避けるようにしましょう。

確実な結婚を目的としているなら、結婚向けに作られているアプリかどうかを確認することが重要です

アプリの登録会員数をチェック

アプリの登録会員数は、その婚活アプリの人気度や出会いのチャンスを示すひとつの指標にもなります。登録メンバーが多いほど、アプリのアクティブなユーザーが多くなり、希望する相手とマッチする可能性が高くなるからです。

アプリ利用者の年齢層をチェック

婚活アプリを利用するユーザーの年齢層は、アプリを選択する際に考慮すべきもう 1 つの重要な要素です。自分より年上の人や年下の人とミスマッチな出会いが多くなり、アプリを使用することと結婚に向けた活動そのものに疲れ、不快感やストレスを感じるからです。

同様に、10代〜20代の利用者が大半なのにも関わらず30代が入っていると、そもそものところで相手が求めているターゲットと異なるので、登録会員数の割にアプローチをもらえなかったり、なにかと自信をなくすことのほうが多くなったりします。

そんな不毛な時間はあなたにかけてほしくない、、、、と管理人のハナはそう思っています。

30代女性が婚活アプリでマッチングを成功させるプロフィールの書き方

結婚を目指す30代女性が婚活アプリでマッチングを成功させるには、プロフィールの作り方、紹介文などの書き方がとっても重要です。

出会いたいターゲットをしっかりと考えて、男性ウケの良い、モテるプロフィール内容である必要があります。

反応を多くもらえる分だけ出会いのきっかけが増えるので、この先を読むことで夢の結婚にもぐっと近づけますよ!

プロフィール写真

プロフィール写真を変えるだけで「いいね」などの反応は増えます!せっかく婚活をするならプロに撮ってもらうサービスを使うのもおすすめなほどです!特に女性の場合は、1枚目であるトップの写真がめちゃくちゃ大事です。

「どんな写真を選んだら良いの?」

というあなたに、婚活アプリをはじめたら気をつけたいプロフィール写真の設定のコツをまとめました。

ポイント

  • 1枚目のメイン写真は「笑顔」のものを。顔がわかる正面からのものが反応がベストでした。顔隠しは絶対NG!
  • 実物とギャップができる加工アプリはできるだけ使わない!せっかく出会えても「誰?」となってしまったら貴重な時間も無駄に、、、
  • 2枚目以降のサブ写真は、全身が写ったものや趣味だったり、普段のあなたの人となりが伝わるものを。

選択式の詳細プロフィールはすべて埋める

結婚相談所ほど書類の提出が必須ではないにしても、マッチングアプリにある「基本情報」「職業・学歴」などはできるだけ未設定がないように完成度の高いプロフィールとなるように埋めましょう!

お酒、喫煙

上記の項目は気にする男性も多く、特に「喫煙」については大きなマイナスイメージになるので、可能であれば結婚のためにも禁煙することをおおすすめします。

自己紹介欄などは出会いたい相手(ターゲット向け)に書く

自由記述の自己紹介欄には、別記事で紹介しているような、婚活の市場価値診断ツールの結果などを参考にして、お勤めならあなたの職業、あなたの性格、日々の過ごし方(趣味など)、どんな人に出会いたいのか、結婚後の理想の生活のイメージなどをきさいするとまんべんなく魅力がアピールできます。

自己紹介の例文(コピペOK!)

長い文章をダラダラと書く、というよりは、先ほど取り上げた内容を簡潔に盛り込んで、あなたのことをイメージできるように書くと良いです。

自己紹介がない人よりも、より丁寧で結婚に前向きな誠実な印象を男性に与えられるので、興味を持ってもらいやすくなります。

これら意識した例文を参考にご紹介します!

ポイント

(一言)私が作る料理を楽しんでくれる男性を探しています。

(本文)はじめまして。〇〇と申します。
プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。
都内で看護師をしている私ですが、仕事から忙しく今まで出会いの機会がなかったため、このアプリに登録しました。
性格は優しく、思いやりがあるとよくいわれます。なので人の気持ちがわかる方だと思っています。
趣味は食べ歩きと美味しいお店探しです。休みがあれば、自分でもパンを焼いたり、お菓子を作ったりしています。
私が食べることが好きなので、一緒にお店巡りをしたり、私が作った料理を美味しそうに食べてくれるような包容力のある方に惹かれます。
将来を見据えて真剣に婚活している人と出会いたいと思っています。
結婚後も仕事を続けたいので、お互いを尊重し、協力し合える関係を築きたいです。
興味のある方からの「いいね!」をお待ちしています。
まずはメッセージからよろしくお願いします。
最後までお読みいただきありがとうございます。

まとめ:出会いたい相手のいる婚活アプリを選ぼう

婚活成功のためには、ただやみくもに手当たりしだいにアプリに登録するのではなく、あなたの目的「結婚」が達成できそうなサービスを選んで効率的に、そして確実な出会いのきっかけを増やすことが重要です。

-婚活アプリ・サイト